通夜の流れと事前にできる葬儀の準備

葬儀は、お通夜や告別式など一般的に故人を見送る儀式のことを指します。今回はその中でもお通夜について一般的な流れはどのような流れなのかという点を説明します。お通夜を含め、葬儀自体は結婚式などと違って、準備期間がほぼないため、予め準備できることは準備しておくことが非常に重要です。お通夜の儀式の中で事前に準備できることは、花祭壇や名札など予めある程度分かる部分です。こういった部分を事前に決めておくのと、いざ亡くなった後に決めるのとでは、やはり前者の方が時間と精神的な余裕を持つことができます。

事前準備があり、いざ故人が亡くなった後は、お通夜の前日に僧侶と面会を行い、翌日の定刻にお通夜を開始するという流れになります。その後は、参列者などに挨拶を行い、お通夜終了後は翌日の告別式に備えて葬儀社の担当者と改めて告別式の打ち合わせをする流れになります。

上記の流れが一般的なお通夜の流れになりますが、天光社(https://1000kaze.jp/)では、この他にも要望があればお棺の覗き窓を開けて親しい友人や親戚の方のみだけのお別れの時間という儀式も設けることができるので、そのような要望やその他の要望があれば天光社(https://1000kaze.jp/)に相談してみた方が良いでしょう。