葬儀の最終打ち合わせでは何を決める?

葬儀では様々な儀式を行いますが、その中で最後に執り行うのが告別式と火葬です。告別式の一般的なスケジュールとしては、まずお通夜が終わった当日に葬儀社の担当者と打ち合わせを行います。この打ち合わせで行う具体的な内容は、弔電や当日のあいさつ文などに誤りがないかなどを入念にチェックすることです。また、弔電や焼香について、名前を読み上げる場合にはその名前に誤りがないかなども含めてチェックします。

告別式当日は、参列者の対応に追われるので忙しくなりますが、事前準備の通りに行えば何も問題はありませんし、葬儀社のスタッフも常に何かあれば助けてくれるので何も不安に思うことはありません。告別式自体は一般的には1時間程度で閉会するので、その後に火葬という流れで葬儀が終了します。

天光社(https://1000kaze.jp/)では、一般的な告別式はもちろんのこと、後祭り祭壇のサービスも行っています。この後祭り祭壇サービスとは、お通夜や告別式に参列できなかった方向けに遺骨を自宅に祭壇することを指します。天光社(https://1000kaze.jp/)は、このようなサービス以外にも何か要望があれば可能な限り、家族の意向に沿ったサービスを行ってくれます。