葬儀の前に知っておきたい納棺の儀式

人が亡くなった後、病院などから遺体を安置する場所に移動し、葬儀の内容や日程などを葬儀社と決定後、一般的には納棺という流れになります。納棺とは、遺体を棺桶に入れることを指します。では、何かルールなどはあるのでしょうか。

納棺には特に決まったルールなどはありませんが、納棺時に行う具体的な例としては、遺体以外に故人が好きだった物などを一緒に入れてあげるという作業があります。故人が元々好きだった物以外にも、普段から着用していた洋服や家族からの気持ちを込めた手紙などを入れるケースもあります。注意事項としては、棺桶ごと火葬場で燃やされてしまうので、燃えない物や有害ガスなどを発生させる物は納棺できないということを覚えておく必要があります。そして納棺後は、家族や近親者などで遺体のお化粧直しを行えば儀式の終了といった形になります。

天光社(https://1000kaze.jp/)では、上記のような一般的な納棺の儀式以外にも要望に添って様々なサービスを行っています。具体的には、入院生活が長期間に亘り、かつ入浴ができないような状態であれば、そのような故人に専用の浴槽やシャワーを利用し、納棺前に綺麗な体や綺麗な髪で納棺することができます。このように、天光社(https://1000kaze.jp/)では利用者の立場になって考えられたサービスを行っています。