遺体搬送後に行う担当者との葬儀内容打ち合わせ

近しい人や家族が亡くなった場合、遺体を自宅や葬儀社などに運びますが、運んだ後はどのような流れになるのでしょうか。一般的に遺体が病院から運び出された後は、悲しみに浸る時間もあまりなく、すぐに故人を見送る儀式までの流れなどを担当者と打ち合わせします。

まずは、葬儀を執り行う日時と場所、そして一番重要なことが内容です。内容は事前に故人に聞けるようであればやはり故人の意向に沿った形で行うのがベストです。従って、そのような個人の意向も含めて、担当者と打ち合わせを行う必要があります。詳細が決定した後は、実際に決めた日時などで行えるかどうかを確認し、その後火葬場の稼働状況などを確認します。全ての内容が決定した後は、その詳細を近親者や家族から順に連絡し、準備に入ります。

このように、亡くなった後は、非常に時間がない中で内容を決定していかなければいけないので、葬儀社の実績や経験は非常に大事です。その点、天光社(https://1000kaze.jp/)であれば、福岡を中心に数多くの拠点を構えています。また、葬祭のプロである葬祭ディレクターが多数在籍しているため、天光社(https://1000kaze.jp/)は全てをお任せすることができます。