遺体安置場所の確保と搬送は葬儀社へ依頼

歳を重ねれば重ねるほどに、向き合う機会が多くなるのが人間の死という現実です。自分自身も含め、いつ死ぬかということは誰にも分からないことです。人間の死は事前に準備できるケースとそうでない急なケースの二つに分かれますが、亡くなった後、葬儀までの流れを知らない人も少なくありません。

一般的な流れとしては、まず葬儀社に依頼する必要があります。病院で亡くなるケースが最も多いですが、その場合、まずは医者から死亡診断書を受け取り、その死亡診断書により死亡が確認されます。死亡確認後、すぐに葬儀社に連絡をし、遺体搬送用の車を手配します。

亡くなった後のことなので、気が動転している場合もありますが、病院では遺体を長く安置することができないので、まずは遺体を安置できる葬儀社に運ぶことが第一優先です。車が到着後、その遺体を葬儀社の指定場所に運びますが、家族の意思により自宅に運ぶことも可能です。

亡くなった後、すぐに葬儀社に車を手配することを知らない方もいます。天光社(https://1000kaze.jp/)では、車の手配はもちろんのこと、どのような時間帯でもすぐに駆けつけられるような体制を整えているので、何かあれば天光社(https://1000kaze.jp/)に相談すれば安心です。